この作品はタイガー大好きの男にプレゼントしたものです。
製作にあたってはかなりの要望があり苦労させられました。