« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

1月ーその2

一月も既に3分の2が経過時間のがやけに早く

感じるのも歳のせいだろうか?

この冬は北国では大雪でさぞ大変なことでしょう。

お見舞い申し上げます。

一方今年の富士山はやけに雪が少ないように

感じています。二月になるといつもの冬の姿に

なるのか期待しているのですが・・・・

さて新年の富士山をご覧いただきます。

Xp1010636 Xp1010646

(上)4日、この日も穏やかに晴れ渡りましたが

雪の少なさは寂しいですね。 

(右上)6日、強い季節風で山頂付近の山肌が

見えてちょっと老けた感じが私のようです。

Xp1010668  Xp1010672

(上)9日西からの季節風がこのように雪を

飛ばしています。昔地元の古老はこのように

雪の舞う姿を「フッタテ」と呼んでいました。

(右上)14日風に飛ばされた後の富士山は

少しやつれた感じがしてさみしいですね。

Xp1010639 Xp1010645

(上)6日我が家にも何年振りかの初雪が来ました。

ところがこの日富士山には雪が来ませんでした。

(右上)毎年この季節になると渡ってくる

(ノスリ)鷹の仲間です。地面をするように飛び

ネズミのような小動物を狩る猛禽類です。

私とは毎年出会う顔なじみ?20m位先の立ち木に

止まりウインク?をしてくれたようにも見えました。

 

さて我が家の正月飾りもそろそろ片づけを・・・

Xp1010657 Xp1010650

(上)玄関に飾った絵と水引細工の鏡餅と

はご板です。これらは女房の趣味で制作した

作品です。「車エビ」も「羽子板」・・・

Xp1010659 Xp1010664

(上)羽子板の形をした板に松屋や鶴、亀を

結いこんだものです。(右)これも水引で出来て

いますが正月気分を出すめでたさは感じられます。

今回はここまでです。

| | コメント (2)

令和4年元日

明けましておめでとう御座います。

本年も富士のふもとに住む一人として自慢の

富士山の季節ごとの姿をご覧頂けるよう

UPさせて頂きます。

本年もよろしくお願いいたします。

Xp1010613 Xp1010614

(上)家を出た近くの空き地でまづ1枚

この時時間はすでに7時富士山には初日が

当たっています。

(右上)7:06、例年被写体にする

静岡県の水泳競技場を新東名高速道路の

橋の上から撮ったドーム型の屋根から上る

初日の出です。

Xp1010619 Xp1010630

(上)1分後には見事な初日が・・・・

(右上)家に戻る際(7:21)の富士山は

ここ数日来の強風で雪が飛ばされ雪の衣が少し

ほころびているのがちょっと残念でした。

次回はたっぷりした衣に着替えた富士山を

ご覧頂けるといいのですが・・・・

今回はここまでです次回をご期待?くださいませ。

 

| | コメント (2)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »