« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

5月ーその2

コロナの緊急事態も解除され人の動きも活発に

なり始めました。経済の落ち込みから政府も

苦渋の決断だったことでしょう。

このところ富士山もなんとなく元気がなく気に

していましたが緊急事態解除で富士山にも

元気になってほしいなどといらぬ心配をしている

今日この頃です。

さてその富士山も・・・・

Xp1000529 Xp1000544

(上)15日手前の茶の木はすでに刈り取りが

すみ続いて上段へと機械が入るのを待っています。

この時期には富士山も夏に向かいどんどん雪解けが

進んでいますがお目にかかれる日が少ないのが

残念です。

(右上)27日珍しく傘雲になりかけましたが

雨にはなりませんでした。

Xp1000545 Xp1000549

(上)新東名高速道路の3車線工事もうこんなに

進んでいます(アスファルトの黒い部分が新たに

車線となるところです)

(右上)散歩コースの琵琶の木もこんなに色づき

あと少しで収穫でしょう。

Xp1000570 Xp1000537

上二枚は私と顔見知りになっている雉の雄

この時期まだ縄張り争いをしています。

けんかで追われた雉が茶の木の上で私に何か

言いたいようですが私には雉語がわかりません。

 

さて我が家の庭ではいま色々なアジサイが・・・・

Xp1000563 Xp1000561

Xp1000569  Xp1000568

Xp1000562  Xp1000564

Xp1000560 

ご覧のように大変にぎやかです。

女房にそれぞれの名前を聞いたのですが私には

覚えられません。

 

さて今回の作品は・・・・・

Xp1000559 Xp1000539

(上)前回ご覧いただいたひびの入ったクスノキを

二つに割って4つにした材で4つの作品にした

物です。一番右の作品は4つの中で一番大きい木の

切り落とした部分で小型のフクロウを後ろへ枝を

残し止まり木に泊まったように彫りました。

(右上)これから彫る作品の下書きしたものです。

Xp1000541  Xp1000540  

上の2体も同様で最初はこんなところから

スタートします。またおいおい進み具合を

UPさせていただきます。

今回はここまでです。 

 

| | コメント (8)

5月ーその1

久しぶりのブログの更新です。コロナの終息は

まだ見えづ落ち付かない日々が続いています。

そんな中でも富士山は日々夏に向かって薄着に

なってきました。

Xp1000471 Xp1000488

(上)4月25日今期の終盤の姿雪解けが進んで

きましたよ。

(右上)30日すでに春霞もかかり手前のお茶の葉も

刈り入れを待つばかり。

Xp1000491 Xp1000493

(上)5月5日この日は子供の日私の散歩時間には

恥ずかしそうに雪で顔を覆っていましたが天気は

良かったですよ。(右上)新東名高速道路は

子供の日というのにこの交通量コロナの警戒情報が

守られていることを強く感じた景色でした。

Xp1000503 Xp1000512

(上)8日雪解けがどんどん進んでいます。

(右上)12日新茶の刈り取りが機械化され傾斜の

茶畑でも一人でどんどん刈込ができる良い時代に

なった面昔ながらの茶摘み風景は当地では見られ

なくなりました。

Xp1000513 Xp1000510

(上)13日この日は黄砂が来ているとかで富士山も

なんとなくかすんでいます。

(右上)散歩コースの畑に1本コンニヤクの花が

顔を見せていました。開花はまだ先でしょう。

 

我が家では・・・・

Xp1000499 Xp1000497

上二枚は「花筏」葉っぱの上に小さな小さな花が

のっています。私にはあまり関心がないのですが

女房は大切にしている花です。

 

さて今回の作品は・・・・

Xp1000514 Xp1000516

前回2本の材料を出したところひびが入っていた。

そこで二つ割りにし1体づつの「フクロウ」

を彫ったものです。右のフクロウはさらに不要な

部分を切り取った材で小型のフクロウにし木の枝へ

とめて親子のフクロウにしてみました。

Xp1000518 Xp1000520

(上)以前から彫っていた猫がやっと完成・・・

猫の親子に見えるでしょうか?

(右上)これも前回一つの木を割ったものです。

それぞれのフクロウに仕上げるつもりで現在彫り

進めています。また完成したらUPさせて

いただきます。今回はここまでです。

 

どうぞ皆様コロナには十分ご注意され健康な

日々をお過ごしださいませ。

| | コメント (4)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »