« 6月ーその1 | トップページ | 7月ーその1 »

6月ーその2

このところの天気はやはり梅雨蒸し暑くすっきりしません。

当地の天気予報は大雨、台風などの情報に振り回された

1週間でした。

富士山も梅雨時はなかなか見ることは出来ませんが僅かに

撮った写真をご覧ください。

004_20190629103601  013

(上)26日雲の切れ間を見ての富士山も既に

山開きを迎える間際のようで雪もごく僅か・・

(右上)28日この日も梅雨空で富士山の雲も

せわしなく沸いていました。


私の散歩コースでは・・・・

003_20190629103901  002_20190629103901

(上)雉のお母さんが今年生まれた子を見せに

私の散歩コースを一緒に歩いてくれました。

(右上)数を数えると子供は6羽いました。

もう既にお母さんに追いつくくらい大きくなって

います。まだ雌雄は不明ですがまもなく特徴が

現れてくることでしょう。最近は当地にもカラスが

増え他の鳥の雛を襲うのを良く見かけます。

そんな中で6羽も育てたこのお母さんは立派です。


我が家では・・・・

015  008_20190629104101

(上)私の好きなキキョウが咲き始めました。

地植えのキキョウも沢山の蕾が膨らんでいます。

(右上)我が家の餌台に来るコジュケイですが

今年は雛を2羽しか連れていません。例年ですと

6羽以上連れてくるのに・・・これも近くに

住み着いているカラスに襲われたのでしょう。

キジバトも順調に育っていたのですがからすが巣に

入り込み咥えて行くのを近所の方も見ていてあきれて

いました。散歩コースで出会うコジュケイも今年は

雛が大変少ないようです。


さて季節外れになってしまった鯉と童・・・

020   019_20190629104201

バランスを見るため仮組みをしてみました。

こうしてみるとまだまだ手をかけなければと思える

箇所があちこちに・・・・

もうしばらく手をかけてみます。

今回はここまでです。

|

« 6月ーその1 | トップページ | 7月ーその1 »

コメント

こんばんは
お久しぶりです、夏山の姿も良いものですね。
カラスも子育て中なのでしょうが、
小さな鳥たちは災難なことですね。
梅雨とはいえ、不順なお天気が続きます、
ご自愛下さい。

投稿: nyar-nyar | 2019年6月29日 (土) 22時11分

nyar-nyar様お早うございます。
当地でもからすが増えてきて夕方になると
道路を人の目線で飛来してそれぞれの家を見て
行きます。
何かいいものを見つけると早朝に来て持ち去るようですよ。

昨日市川市にいる娘夫婦が本日富士山一周を
自転車で走るために来ました。
今朝早く集合場所へ向かうとすごい雨・・・・
中には合羽を着て走り出す連中もいたようです
娘たちはゼッケンをもらい走るのをやめ家に帰ったようです参加料は二人人で2万円とのこと
寄付したと思えと言ってやりました。

投稿: 富士のマク | 2019年6月30日 (日) 09時30分

こんにちは
このところ天候 冴えませんが
いろいろな写真 楽しませていただきました。
雉やコジュケイの親子よく撮られ感心します。
桔梗の花も美しいですね。
娘さんご夫婦の富士山一周 悪天候で断念された由 残念なことでした。
木彫りの鯉と童さん 完成が楽しみです。

投稿: koちゃん | 2019年6月30日 (日) 10時10分

ko様こんにちは。
今日も梅雨らしい天気で散歩は休みました。
其の分彫刻に専念しています。
今日で今年も半分終わる・・・・まったく月日の経過は早いですよね。
来月あたりから私の嫌いな高温の日日が続くと思うと気が重いです。
秋まで死んだふりをして過ごしましょうか・・・

投稿: 富士のマク | 2019年6月30日 (日) 11時53分

先日は私のブログにお出でくださいましてありがとうございました。
此方は思ったほどの雨の降りを感じませんでしたが。九州方面は大変ですね。
ニュースの画面を見るといたたまれなくなり
涙がこぼれます。

穏やかな風景の富士山、雉の群れコジュケイ
野鳥の子育て見ていると心がホンワカとしてきます。自然の風景は優しさを伴いやってきますね。今朝の事カラスが帽子を取り上げたかい
松ノ木に運び去りました。カラスは知恵があるから、子育て中は公園の中歩くのも大変。
此れが自然なんでしょうね。
木彫りの完成楽しみにお待ちしています。

投稿: ヤッコ | 2019年7月 5日 (金) 15時26分

ヤッコ様お早うございます。
昨夜はだいぶ強い雨が降っていましたが今朝は曇り空で雨は今のところありません。
先ほど餌台に餌を置き其のコップで「とんとん」
と柱をたたいてから家に入ると早速コジュケイの家族やキジバト、すずめなどが集まりにぎやかです。
親が子供に餌を与えるシーンは人間も真似る必要
がありそうです。其の期間も無事すぎ今は生意気に自分でたべていますよ。

投稿: 富士のマク | 2019年7月 6日 (土) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月ーその1 | トップページ | 7月ーその1 »