« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

4月-砺波への旅

ゴールデンウイーク真っ只中これを避けて先週

富山県礪波市へドライブをしてきました。

コースを松本から飛騨経由と決めたものの些か

道路状況も気にしながらのスタートでした。

X1001_4  X1004_2

↑17日朝霧高原から眺める富士山は大沢崩れが

見事に望める空模様でした。

(右上)中央高速道路の「甲府南IC」から一路

松本ICへ途中「諏訪湖SA」で松本からの

平湯~飛騨高山方面の道路状況を確認した。

X1006_2  X1010_4

↑安房峠を過ぎた付近はまだ除雪された雪が黒く

残っていました。山にはご覧のような雪が・・・

雪の無い地方の私にはうれしい限りでした。

そこからコースを飛騨高山方面に・・・

X1002_3  X1016_4

↑高山では観光案内所で「お泊りガイド」という

資料を頂これはと思う宿へTELしていつ度でで

満足のいく宿を取ることがことができました。

さて翌日は(右上)砺波に向かう途中世界遺産の

「白川郷合掌集落」へ・・・・・

X1032_1  X1020_1

↑駐車場は集落の対岸の広場、そこから吊橋で渡る

のですがここもご他聞にもれづ多くの外国の方が

押しかけていて吊橋上で写真を取り合い大渋滞

そんなことを意に介さぬかたがたで盛り上がって

いました。(右上)合掌つくりの屋根の向こうには

雪をかぶった山々が・・・・

X1021_2  X1028_1

「明善寺鐘桜門」さすが雪国の鐘楼見事なつくり

いつまでも眺めていたかったのです。

とにかく多くの外国の人々が盛んにカメラを向け

大声で盛り上がっていました。

X1031_1  X1030_1

↑この様な歴史的な家屋が現在も使われているその

其の技術に驚き見せる為か施工しているところも

見せていました。

さてその後は従兄の待つ砺波へ向かう。

Photo_2  X1050_2

↑砺波では93歳になるいとこに会い元気のよさに

あてられてしまいました。絵を画きハモニカをこなし

女性から自画像を画いてくれと頼まれるほど其のうえ

「わたし空き家なの」と言い寄られる・・・

「ううん・・・うらやましいー」其の従兄をつれ

今回もこの宿で会席料理や荘川の鮎で一夜をともにし

熱めの露天風呂で疲れを癒してきました。

翌日は知人の様態がよくないとの情報で帰路につく。

X1053_1  X1055_2

其の途中いつものここへ立ち寄り見学をしてきました。

帰りは「東海北陸自動車道」ついで「東海環状自動車道」

さらに「新東名高速道路」に立ち寄りながら帰る

楽しいく疲れる旅でもありました。

| | コメント (8)

4月ー伊豆小さな旅

先日妻の友達が伊豆方面を見たいと遊びにこられた。

いつものようにガイドと運転を担当した。

妻たちを長岡温泉に届け翌日又お迎えして伊豆方面を

ご案内・・・・

X1025_1  X1022_1

上二枚は15日、快晴に恵まれ「だるま山」から

駿河湾ときれいに雪をかぶった富士山が・・・・



X1029  X1027

↑世界遺産の「韮山反射炉」桜も花をつけ昔の

昔のお嬢さんたちはここでも大はしゃぎ・・・

(右上)江川太郎左衛門の像

X1035  X1036_1

↑この様な大砲の製法も映像で見ることもできます。

X1034  X1033

↑この様な砲で戦うのどかな時代だったのですね。


この後「三島スカイオーク」へ向かう

X1051_2  X1047

↑前回行ったときと違い施設も充実してきて多くの

外国人も着ていて伊豆観光の目玉になってきたようだ。

(右上)つり橋の脇には鋼鉄製のロープも渡され

若者がそれに吊り下がり谷を越えてスピードと

スリルを味わっていました、

X1048_1  X1050

↑この様な花で飾られたハートからペアが顔を出して

記念写真を撮っていました。私も妻の友人二人を

カメラに収めましたが今一写りが・・・・・

(右上、下)この様な乗り物も用意され若者向きの

X1049_1   施設も備えられてました。

まだまだ工事をしている部分がありましたから

もっと楽しく進化していくことでしょう。

この後「村の駅」に寄っておかいものや鮪どんを

食べて三島駅まで送りお別れしました。

天気にも恵まれ富士山お好きなお二人でしたのが

何よりでした。翌日は一日体を休めいよいよ富山へ・・・

| | コメント (7)

4月ーその2

久しぶりのブログ更新です。

pcに遊ばれて以来ついつい更新が遅れぱなしです。

お出かけもひと段落今日こそはと挑戦してみます。

X1010_2  X1052_1

↑13日お茶の芽も伸び始め雪をかぶった富士山も

なかなかいいものです。

(右上)16日まだこの日は雪の具合もいいですね。

X1012_1  X1055

↑散歩コースには今「アケビ」の花盛り。

(右上)丸々肥えたねぎ坊主、来年の種でもとるのか?

X1054  X1057

茶の木も道路脇のものはアスファルトに蓄熱

された熱の影響か新芽が出るのが早いようです。

(右上)茶畑の中央のグリーンのパイプには

気温を感知する線がつながれています。

この線が気温を感知して霜の降りそうな時には

何基ものファンをまわして茶畑の空気を

拡販しています。


X1061  ←雉も繁殖期に入り

雌雉の猛烈なアタックをしています。

この日も尾羽を広げ何度も迫っていましたがカメラ

に収めるまでとても付き合いきれないほど

あちこちへ移動してオス雉をじらすやり手の

メス雉でした。


我が家では・・・・・

X1014_1   X1002

↑八重桜がまだ咲き続けていますこんなに花の

寿命が長かった?

女房がマクに似ていると言ってこんなぬいぐるみを

買いました。

大きさはマクほど出ない白熊ですが雰囲気は

そっくりです。

まだまだ女房はマクを忘れられないようです。


今回の作品は・・・・・

X1003_3

月も元号も替わろうとしていますのにまだ

お雛様を彫っています。

5月にはこいのぼりと童を彫ろうと考えていますが

この調子ではいつのことやら・・

今回はここまでです。

 

| | コメント (8)

4月ーその1

 先ごろの晴天続きで暖かな日がウソのように雨で寒い

陽気に成ってしまいました。昨日から今日にかけて

富士山には雪が降っています。


来週は富士山大好きな女性たちが東京からこられるのに

何とか富士山にはお顔を見せて頂きたいのですが予報は雨・・・・

このところの富士山は見ることができましたが天候の変化に

左右された日が続きました。その一部を・・・・・・

X1001 X1016_1

↑ (2日)山頂付近による雪が来たようできれいな

姿を見せてくれました。

(6日)上の写真から4日もするとこんなに雪解けが

進んでしまいます。気温も上がり桜の開花も一段と

進みました。

X1018 X1022

↑(7日)この日は黄砂が飛んでいて富士山も霞が

かかってしまいました。

(9日)富士山はこうでなくてはいけませんね。

やはり青空に雪をかぶった姿が富士山ですよね。


私の散歩コースでは・・・・・


X1009 X1012

↑「ねこやなぎ」が沢山の花?をつけています。

(右上)こんな可憐な花が畑のあちこちに咲き始めました。

春っていいものですよね。


今回の作品もやっと完成しました。

X1024 X1025

↑この作品の高さは25~26センチです。

楠で彫ってあります。

X1026 ←今度は座ったお雛様です。

これも楠で彫り始めましたがまだまだ全体の姿は

まとまっていません。少しずつ少しずつ彫り進めます。

今回はここまでです。

| | コメント (6)

4月ーその1

この所忙しさにかまけていたらPCまでやる気を

なくしてしまい往生しています。

往生しています。

X1003_1 X1003_1

(上)3/18  (上)20日

X1016 X1036 

(上)22日   (上)27日 


この間雨の日には富士山には雪も来ましたが

気温の高い日もあり雪解けと降雪をくりかえして

いました。

X1p1000993 X1017

(上)7年前の春にはマクも元気で

この様にのどかな風景でした。

(右)それがこの春にはこのような風景で

風景も随分変わっています。花桃の花もどこか

寂しそうです。

X1014 X1037

(上)「のすり」のメスがオスの来るのを

待っていますこの後オスのノスリが来て

交尾をしましたが一瞬の出来事でした。

(右上)富士市の消火栓のマンホールです。

かぐや姫がデザインされています。


X1023 X1043

(上)今年もキジバトが巣をつくり順調に

成長して親鳥よりくらいになった朝又も

カラスに2羽の雛が盗られてしまいました。

(右上)両親は1羽電柱でもう1羽は巣の近くで

「ぽっぽう、ぽっぽう」と悲しげな声でいつまでも

鳴いていました。

カラスのやつめ・・・・・


X1049 X1046

(上)庭の花々はカラスの悪行もしらづ

きれいな花をつけています。


今回の作品もいよいよ仕上げにかかりました。

X1051 X1052

次回は完成の写真をUPさせていただきます。

今回はここまでです。

 

| | コメント (10)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »