« 3月ーその2 | トップページ | 4月ーその1 »

3月ーその3

今週はそばうち名人が来ていて美味しいそばを

打ってくれるのでにぎやかな食事を楽しんでいます。

遠来のお客さんですのでもちろん富士山の絶景が

見える田貫湖の見えるホテルにも泊まってもらいました。

近頃大人気の「富士山世界遺産センター」も見て

もらいました。ではそんな富士山から・・・・・

X1007  X1008

↑12日「富士山世界遺産センター」の鳥居越しに見る

富士山。この鳥居はセンターの前の池に立っていて

右上のセンターのヒノキの格子で組まれた逆さ富士が

映るのですがこの日は少し風があり逆さ富士が写し

出され無く遠来のお客さんに自慢できなかった

のがちょいと残念でした。


X1010 ←世界遺産センターに入り1階から

壁に映る富士山の映像風景を見ながら登山を開始

登山気分を味わう登り坂をあがるほどに風景も

かわり登山気分を味わうことがで来ます。頂上付近は

上り坂も少し険しくなるように設計されています。

最上部では屋上(山頂気分が味わえる)に出て上の

写真のように浅間大社の鳥居、境内の林が望める。


14日はこちらも静岡県の名所である日本平へ行く。

日本平山頂には先ごろ「日本平テラス」がオープン。

まづ最初はロープウエーで「国宝 久能山東照宮」へ

向かう。

X1028  X1026

↑本殿正面何度見ても見事な極彩色以前ここで

結婚式を挙げているカップルがいました。

(右上)本殿右側面境内で見るとその素晴らしさに

圧倒されます・この様な建物がいく棟もあるが

この山の高いところへ重機の無い時代どのように

工事を進めたか?大変興味のあるところです。

X1034  X1035

↑神廟(家康公のお墓所)

ここは何度行っても新たな発見に出会うところです。

ロープウエーで日本平に戻り隣の

「日本平夢テラス」へ・・・・・

X1043  X1055

木造3階建てのメインの建物中にはエレベーターも

設置され高齢者でも楽に楽しむことができます。

(右上)3階にはこの様に回廊が回っていて

清水港や富士山、駿河湾や伊豆の山々の絶景を

楽しむことができます。

X1058  X1066

↑この様にすべての構造材が木造で複雑なデザインに

組まれ見事な建物です。是非一度お出かけください。

X1044  X1045

↑この建物の脇に赤い靴はいてた女の子・・・・

の親子の像が建てられ説明文も設置されています。

このうたのモデルが静岡県の女の子とは

知りませんでした。


上の記事には邪魔な私の今回の作品の進捗

状況を・・・・・

X1083 やっとここまで来ましたが

まだこの後手がかかります。

今回はここまでです。。


|

« 3月ーその2 | トップページ | 4月ーその1 »

コメント

遠方からのお客様にとっては、富士山は
何よりのおもてなしでご馳走ですね。
日本平夢テラス
一度出かけましたが、生憎の休館日でした。
調べずに思いつくままに出かけるのは、
禁物だと反省もしました。
回廊は廻り駿河湾が一望できたのは、うれしかったです。
遺産センターもテラスも静岡県は、木材を
上手に利用した素晴らしい建造物は、
県民として誇りに思います。

投稿: おばさん | 2019年3月16日 (土) 22時02分

マク様

素晴らしい写真にガイドまで~お陰様で観光気分を味わうことが出来ました。ありがとうございます。富士山をまじかに、観光したいものです。
さて、そば打ち名人?は、お役に立てましたでしょうか?褒めると調子にのるので・・。打ちたては格別で腕を上げてるのは確かかと・・。これからが楽しみです。

投稿: きみきみ | 2019年3月17日 (日) 02時00分

おば様おはようございます。
又静岡県が誇れる建物ができましたねうれしいことです。
先ごろ設計の女子が「夢テラス」をブログに
upしていたのでお客さんを案内しながら私も
楽しんできました。職業がら大変興味のある構造
に目が釘付けに成りました。

田貫湖のホテルは最近空き部屋が取れづ大変混雑
しています今週も女房の友達が東京から来るので
問い合わせしたのですが今月がキャンセルがなければ予約も取れないようです。
やはり富士山人気はたいしたものですね。
ここも高齢者が多いですよ。

投稿: 富士のマク | 2019年3月17日 (日) 07時12分

きみきみさんおはようございます。
「久能山東照宮」はまだまだ素晴らしい部分があるのですがブログUPはたいへんです。
是非お越しください。どこへもご案内しますよ。

そばは大変美味しくいただきましたよ。

投稿: 富士のマク | 2019年3月17日 (日) 07時17分

こんばんは
遠来のお客様のご接待お疲れ様です。
あちこちの名所を案内され さぞ遠来の
お客様も満足されたのでなないでしょうか
私もしばらく日本平には行っていませんが、
いろいろ変わっているようですね。
参考になりました。

投稿: koちゃん | 2019年3月17日 (日) 19時56分

ko様今晩は。
遠来の客も今日さらに北上して新潟へ向かいました。又九州へ帰るときには立ち寄るかもしれません。若いときは好きなことを思いっきりして
置くのもいいことかもしれません。

日本平の夢テラス北海道の知床の木道のように
空中に張り巡らせた通路でなかなか気分のいい
ものですよ。もちろん知床の木道とはスケールは違いますが・・・・・

投稿: 富士のマク | 2019年3月17日 (日) 20時47分

マク様 こんばんは
ご無沙汰しております。
蕎麦打ち名人がご自宅へ!?
凄いですね、何かのお集まりでしょうかね~
富士山はいつでもご馳走!
♪赤い靴~ の女の子が静岡出身だと言うことは知っていました、
横浜へ行ったときに!
子供の頃は何にも考えずに歌った物ですけど。

投稿: nyar-nyar | 2019年3月20日 (水) 20時21分

nyar-nyar様おはようございます。
そばうち名人が九州から新潟までの旅の途中1週間ほど我が家へ泊まりその間ホテルにも泊まってもらいあちこちを楽しんでもらいました。
当人は私たちに自慢のそばを食べさせたくて材料と道具一式を持参しての来訪でした。
打ち立てのそばを何度かいただく良い1週間でしたよ。又帰りのも寄ってそばを打ってくれるかもしれません。

赤い靴の女のこのことは知りませんでした。
女の人でしたら興味をもって調べたかもしれませんが・・・・・失礼しました。

投稿: 富士のマク | 2019年3月21日 (木) 07時50分

nyar-nyar様おはようございます。
そばうち名人が九州から新潟までの旅の途中1週間ほど我が家へ泊まりその間ホテルにも泊まってもらいあちこちを楽しんでもらいました。
当人は私たちに自慢のそばを食べさせたくて材料と道具一式を持参しての来訪でした。
打ち立てのそばを何度かいただく良い1週間でしたよ。又帰りのも寄ってそばを打ってくれるかもしれません。

赤い靴の女のこのことは知りませんでした。
女の人でしたら興味をもって調べたかもしれませんが・・・・・失礼しました。

投稿: 富士のマク | 2019年3月21日 (木) 07時50分

アルティメットです。

この所、私自身の体調悪化や環境変化もありまして中々訪問する事が出来ませんでした。私、何とかやっております。

お蔭様で故郷:新潟から神奈川県川崎市に一人暮らししてちょうど11年目になりました。当時、だれも知り合いもいなく心ぼそい中でも富士のマクさんのおかげもありまして、ここまで来ることが出来ました。

実は、富士のマクさんとブログでお会いした
時、2年前に新潟の宿泊先のホテルでの貸し出しPCから観覧したのを覚えております。こうしてご縁があった事も大変嬉しく思います。

まだ将来は結婚したいとか、えらくなりたいとかはまだ考えられずの状態です。実現しそうにないですが、色々と勉強や経験をするうちに出来るのではないかと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします

投稿: アルティメット | 2019年3月21日 (木) 14時17分

アルティメット様コメント有難うございます。
ご自身が「これだ」と決めたことをやり遂げる
ことが何より大切なことだと思いますし私なども
能力の無い男だけにそのように生きてきました。それも時を経ると何とかそれらしい形になってくるようですよ。
是非これと決めた正しいことを貫いてください。

投稿: 富士のマク | 2019年3月21日 (木) 20時36分

今晩は。遠来のお客様。マク様のおもてなしに喜ばれた事でしょう。どこの場所からも富士山の眺めは最高だったと思います。私たちは良い処に住んでいるんだ感じます。
日本平夢テラスはまだ行ってませんが桜の咲く時期に行きたいと思っています。
ところでココログブログが新しくなりびっくりです。投稿の仕方画像の入れ方解らなくまごついています。慣れるにはかなりかかりそうです。

投稿: すー | 2019年3月22日 (金) 18時12分

すー様今晩は。
県外のお客様には田貫湖のホテルへお泊め
するのですがどなたも大変喜んでくれます。
ところが最近大変な人気で突然予約を取ろうとしても取れないほどなんですよ。
PCの設定をころころ変えてほしくは無いですよねー。

投稿: 富士のマク | 2019年3月22日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月ーその3:

« 3月ーその2 | トップページ | 4月ーその1 »