« 1月ーその3 | トップページ | 2月ーその2 »

2月ーその1

先週はマクをおくる諸手続きでブログを休みました。


それに気づかれた多くの皆様からブログにコメントや

メール、お手紙。お電話などを頂戴し誠に有難う

ございました。なんと幸せなわんこだろうとアルバムを

見ながら女房は涙しています。


その間富士山にも多少の変化がありましたので・・・・

X1004  X1008

↑1月22日それにしても雪が少ないですねー。

(右上)24日

X1017  X1023

↑27日きれいな青空これで富士山に雪があれば・・・・

(右上)28日珍しい雲が・・・・・

X1032  X1034

↑2月1日雲で下のほうが見えないので期待を

したのですが・・・・(右上)雲が晴れたらこの程度の

雪でした。残念・・・・


我が家では・・・・・・

X1026  X1019

↑玄関へ入れておいた「におい桜」が開花・・・・

(右上)紅梅も開花しましたが暮れに植木屋さんに

派手に剪定させてしまったのでにぎやかに咲くだろうか?

X1029  X1035

↑餌台に毎日餌をねだりに来る「コジュケイ」

家の中からガラス越しに撮影しました。

入れ替わり立ち代り来る群れに鶏用の大きな袋も

はかどります。


昨年からの作品も・・・・

X1037  X1038

↑米ヒバ材の小坊主高さ24センチ

(右上)楠で彫っていますこちらも高さは24センチ

X1039 ←米ヒバ材で高さは33.5センチです。

どの作品も未だ顔が納得できず仕上がりません。

今回はここまでです。


|

« 1月ーその3 | トップページ | 2月ーその2 »

コメント

こんにちは
二月に入りましたね。  富士山も
当方から見ると雪もまだら模様ですが
広がりがあり まさに冬ですね。
玄関の「におい桜」及び梅 見事な開花ですね。
餌台に毎日来るコジュケイたちも
シアワセものですね。マクさんのような方が
居られて・・・。
小坊主さんたちの笑顔には いつも
なぐさめられます。 完成もあと少しですね。

投稿: koちゃん | 2019年2月 2日 (土) 13時48分

マク様

マク君のことを拝見し、お二人のお力を落とされている姿を思いました。いつかは別れが来るとはいえ、とても辛いものです。数年前の我が家のことを思い出しました。きっと、マクくんが天国からお二人を見守ってくれていることでしょう。

まだまだ寒い日が続きます。お身体ご自愛くださいませ。

投稿: きみきみ | 2019年2月 2日 (土) 16時10分

ko様こんばんは。
この冬の富士山はこんなで終わってしまうのでしょうかねー。
午後庭へ出てみると「河津桜」の蕾が大きく
膨らんでいました。月曜日は気温がかなり高いと
予報が出ていますが気の早い花木は花を咲かすかもしれませんね。
コジュケイたちも元気に餌をとりにきています。
もう少しするとそれぞれのペアになり産卵の準備に入ることでしょう。
春はいいですよね。

投稿: 富士のマク | 2019年2月 2日 (土) 19時27分

きみきみさんコメント有難うございます。
まだ我が家ではマクのいた頃の行動パターンから
抜け出せない部分があってその度に思い出しています。
マクがいなくなっただけで家がずいぶん広くなった気がしています。

来月は北海道へ女房の付き添いで行く予定です。彼もカーフェリーで来て北海道で落ち合うようで
楽しみにしています。

投稿: 富士のマク | 2019年2月 2日 (土) 19時39分

今晩は
私も犬を亡くした事がありお気持ち充分解ります。天国でマクちゃんが見守ってくれてますね。

来月はご旅行ですか。お二人でお楽しみくださいね。

投稿: すー | 2019年2月 2日 (土) 21時22分

すー様今晩は。
今日は暖かでしたのでマクと歩いたコースを 
一人で散歩してきました。
途中マクに会うたび声をかけてくれた方にもあい
マクの死亡を伝えました。
その方も涙を出してマクとの思い出を話してくれました。幸せなマクでした。

投稿: 富士のマク | 2019年2月 3日 (日) 19時37分

マク様・・・・・・・今ブログを読んでマク君がなくなったこと知り、お二人の気持ちを思うと同お慰めしても言葉がないです。

我が家も数年前にラルがなくなっていたことを思い出しましたし,マク様が猫の木彫りをプレゼントをしてくださり、今もキッチンのそばで写真と一緒に拝んでいますよ。
結構長く闘病生活で病院へ通われていましたよね。
動物でも家族と一緒ですよね。どんなに癒されていたことでしょう~私も5匹の猫たちに癒されていることか、それがいつかは別れが来ることを思う本当に切ないです。

猫は散歩を市内での散歩のときに出会う人はいませんが犬と飼い主、そして出会う人たちとの交流を思うとますます切なくなります。

なかなか悲しみを癒すことはできないでしょうが元気を出してくださいね。

マク君も素晴らしいご夫婦と一緒に暮らして幸せだったと思います。
なんか変なコメントになったかと動揺しながら書きましたので・・・・・・・

投稿: レイ | 2019年2月 4日 (月) 14時08分

レイ様有難うございます。
出会う方々からお悔やみの言葉を頂改めて幸せな
犬だったなーとうれしく思います。
今日も若いお母さんが愛犬を連れて我が家へ立ち寄ってくれました。
よそ様の犬でもこの時期触ることができると
心が安らぎます。
又明日も散歩でマクの知り合いと会うのを楽しみにしています。
有難うございました。

投稿: 富士のマク | 2019年2月 4日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月ーその1:

« 1月ーその3 | トップページ | 2月ーその2 »