« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

7月ーその5

今週は曇り空でしのぎやすい日もありましたが今朝の

散歩では湿度が高く散歩する方の姿も見えませんでした。

私は愛犬のマクがいますので休むこともできずに

付き合ってきました。幸い曇空でアスファルトが

焼けていないのでマクの足のやけどの心配もせず

ホットできた朝でした。

今週の富士山はわずかに一枚だけ・・・・

X1004 X1p1030056

↑23日久しぶりに山頂付近を望むことができました。

(右上)今年1月中ごろの富士山の姿です。

この蒸し暑い季節少しでも涼しさを味わって

いただきたいとUPしてみました。

私の散歩コースでは・・・・・


X1001 X1009

↑雉のお母さんが5羽の子供達の道路横断を

見守っているところです。

私も車を止めて横断に協力させてもらいました。

(右上)新東名高速道路富士インターの出口に

できたスーパーのオープン案内のアドバルーン

昨日は開店前から大変な賑わいだったとか。

当地では近隣4キロ四方にスーパーが

10店舗ほどある激戦区そのほかコンビニも

多数あり住民にはありがたいことだが・・・・


X1005 X1008

↑山百合もあちこちで・・・・・

(右上)山葡萄も順調に育っているようです。

野生のものも今年は元気がいいようです。



さて前回化粧のみになっていた作品も・・・・・・


X1010 X1021

↑右が先週の姿それに化粧をしてみました。

もう一体小坊主さんも完成したのですが旅に

出す前に撮影を忘れてしまい「ガック」


X1015 X1016

今年五月に手段取りをしたのですが飛び込みが

あり脇に置かれたままでしたがやっとのみを入れ

始めました。

また次回ご覧いただけるよう彫り進めてみます。

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

7月ーその4

連日の猛暑まだ7月先が思いやられるいつまで

この暑さに付きあわされるのか・・・・・・

そこで改めて・・・・

残暑お見舞い申し上げます。

下の左側の写真は今年元日に初日の出を

撮りに行った際の富士山の姿です。

今まさに2017年の夜明けを迎える瞬間です。

非常に寒かったです。

この写真から寒さがが伝わるとうれしいですが・・・・・

X1p1030013 X1015

(右上)昨日21日の富士山です。

珍しくきれいな姿を見せています。

下界のむしっとした雰囲気が伝わりにくい姿です。

まだしばらく暑い日々が続くと思いますが

どうぞ皆様お体ご自愛くださいませ。



我が家の庭では・・・・・・・

こんな暑さの中でもコジュケイの子供たちは

たくましく成長しています。


X1007 X1009

↑お母さんの発する警戒の声で一列に並び

じっと固まっているところです。

それぞれUPしてみると警戒するにも個性が

見て取れます。


X1010 X1011

(右上)お母さんの警戒が解かれると一斉に

お母さんの所へ駆けつけるかわいい子供達

5羽の子供を怒鳴るわけでもなくいくつかの

声を使い分けて育て上げる野鳥の姿にに改めて

親の責任や愛情を感じさせられました。



さて今回の作品は・・・・・


X1021 X1022

↑以前彫った作品をスリムにしてお出かけさせる

準備をさせてみました。

この後汚れ止めをして完成となります。

(右上)楠で彫った小坊主「心静かに」も

まもなく完成この2体は次回完成した姿を

ご覧いただきます。

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

7月ーその3

連日各地で猛暑が続いて北海道では今日も

帯広では記録的な暑さとTVが報じていますが・・・・

一方では大雨、地震と自然現象も著しく被災された

多くの皆様の災害復旧の厳しさを思うと心がいたみます。

そのせいか富士山もこのところ何となく元気が

無いような気がするのですが・・・・・

X1001 X1004

上2枚は9日の富士山ですがこの時期には

くっきりとした姿がなかなか望めません。



X1010 X1012

↑14日        ↑15日今朝もこのような

姿を似せた後は雲の中に・・・・・・



私の散歩コースでは・・・・・・



X1009 X1008

↑個人の方が趣味だと思うのですが

桃や栗、すもも、梨、梅等を植えて楽しんで

いるようですが今年はよく実をつけています。

昨日見たときには桃の収穫も終わっていました。

人様の畑のものは生育が早いような気が

していますが・・・・



X1014 X1015

↑今朝は早くも葛の花を見ることができました。

気をつけてみると結構見つけることができました。

もう秋の準備が進んでいるのですね。



さて今回の小坊主の作品も7体無事完成しました。



X1018 X1022

↑最後の6体目と7体目の作品です。

この作品は「米ひば」材で高さは24センチです。

(右上)ついでにと楠で同じ高さのちょいと太めの

材料がありましたので8体目を彫りはじめました。



X1023 X1026

↑過去に彫った猫ですがこの季節に見ると

太目で暑苦しいのでスリムにしています。

右側の猫はすでに細めになって間もなく

お出かけすることになりました。

 

「これも終活の一環でしょうね」という声が

聞こえてきますが・・・・・

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

7月-その2

九州では大雨で甚大の被害が各地で発生していて

この異常な気候になすすべがないとは・・・・・・

何とか天気の回復を願うばかりです。

私の知人もこれらの対応に追われたりまた被害の

状況も不明の者もいたりで気のもめる日が続いて

います。

当地の今日は風もなく来週10日の開山を控えた

富士山もわずかな雪を山頂付近に残す姿が

望める蒸し暑い一日となりそうです。

X1x1001 X1x1003

↑3日          ↑4日


X1x1006 X1x1009


↑7日          ↑8日ご覧のようにこの

時期は富士山もかすんでしまうのが

ちょいと残念です。


私の散歩コースでは・・・・・・


X1x1004 X1x1010

↑個人の畑の桃の木も見事に育っています。

(右上)こちらも家庭菜園のスイカですが

先日は獣の被害にあったとかで家庭菜園も

なかなか厳しいようですよ。


X1x1007 X1x1008

↑カンゾウも咲き始めました。

(右上)ねむの木も花をつけています。



我が家の庭では・・・・・


X1x1022 X1x1023

↑エサ台の周りにコジュケイの親子が食事に

来ています。今年は子供が5羽と少なめでした。



今回の小坊主も7体の最後2体となりました。


X1x1013 X1x1014

↑ヒバ材で高さ24センチほどです。

まだ顔の化粧などをして完成となりますが

少し顔部分に手を加える予定です。

次回は完成となることでしょう。

今回はここまでです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

7月ーその1

いよいよ7月富士山も山梨県側は今日(7月1日)は

山開き。

わが静岡県側は7月10日が山開き毎年違う両県の

山開きの日程には何か特別の理由があるのだろうか?

今朝の富士山はこちらからも望めず山頂でもご来光は

拝めなかったようです。

いずれにしても事故のない登山を心掛けてほしいものだ。

今週の富士山は・・・・・

 X1004  X1009

↑6月26日      ↑27日


X1017  ←29日このところ梅雨らしい

天気で富士山もちょっと気分が晴れないようである。

今朝の山開きでも顔を見せてくれづ静岡県側の

山開きころまですっきりした姿はお預けだろうか?


私の散歩コースでは・・・・・・


 X1001  X1005

↑モモがこんなに実をつけています。

この後見たときには袋かけがされていました。

(右上)コスモスもあちこちで咲き出しました。

まだ秋には間があるようですが・・・・・



 007  X1008_2

↑ヒメシャラ?の花が見事に咲き出しました。

(右上)月見草も咲き出しました。


 X1010  X1011

↑カブトムシもわが社の外灯に集まってきますが

最近は欲しがる人もおらずカラスや野良猫の

餌食になってしまいます。

(右上)雉の親子の食事風景ですがこの日は

子供が一羽毎年5~6羽つれているお母さんだが

どうしたことか?


我が家の庭では・・・・・


 X1002  X1015

↑クロアゲハが花から花へ・・・・

(右上)エサ台に来たキジバトが食後羽を広げて

虫干しをしています。


 X1019  X1020

↑造花のような花も咲き出しました。

(右上)私の好きなキキョウも開花しました。

これらの草花を見ては季節の変化を

感じています。


今回の作品は・・・・・


 X1021  X1022

↑7体を彫りはじめた作品もこの2体で完成

ですがまだまだ仕上げには多少の時間が

かかりそうです。右の写真は前回の完成品と

大きさがわかるように並べてみました。

次回はもう少し進む予定ですが・・・・

今回はここまでです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »