« 6月ーその3 | トップページ | 6月―その4 »

道北の旅ーその4

さてそろそろ今夜の宿に向かう時間になってき来た

オホーツク海沿岸をさらに東へ車を走らせる。


X1p1010095_2 X1p1010096_2

↑大草原にはこの黄色い花が咲き誇っている。

(右上)またまた若者の自転車日本一周に出会う。

青年がんばれー


X1p1010098_2 X1p1010139_2

↑能取湖ここは9月頃にはサンゴ草で真っ赤

そんな景色をまた見に行かなければ・・・・・



X1p1010110_2 X1p1010106_2

↑5月26日はこの気温の中を芝桜を見に向かうが

気温は低いし霧は出るしこんな日に観光客は?

到着して驚いた外国の観光客が次々とバスで・・・



X1p1010107_2 X1p1010108_2

山頂までの遊歩道は多くの人々で賑わっていた。

それだけに見る価値はあった。



X1p1010118_2 X1p1010117_2

↑その後能取岬方面へ向かう季節は早春の

雰囲気今年は日本の南と北で花見を楽しむ

事が出来ました。


X1p1010124_2 X1p1010128_2

↑能取岬は垂直に切り取られた男らしい風景が


あちこちで見られた。

X1p1010130_2 X1p1010131_2

↑この地域の先人のご苦労を顕彰する

碑が建てられていた。この地域の開墾だけ見ても

大変な事業だったことでしょう。



X1p1010122_2 X1p1010123_2

↑この地域では多くの映画も撮影されているようで

このような看板がいくつか建てられていました。


X1p1010150 X1p1010144

↑能取湖の夜明け雲が無ければよい風景・・・

(右上)ホテルのレストランの窓の外には


「アカゲラ」も夕食をとっていました。

X1p1010155_2 X1p1010156_2

↑帰りの女満別空港では予定していなかった

飛行機のチケットが取れ空港滞在は10分弱

慌ただしく道北の旅は終了しました。

 

(右上)富士山の変わらぬ姿を見てまた日常に

戻った瞬間である。

まとまりのない旅行記にお付き合い頂き

有難うございました。

|
|

« 6月ーその3 | トップページ | 6月―その4 »

コメント

普段目にすることのできない北海道の
日常の風景芝桜の植え込みは広い所に見事な風景、秩父の羊山公園にもこのような植え込みを見ましたが、花の眺めにホッとさせられます。
北海道は、一年中の花が一時に咲きだすと聞いたことが有ります。ホントなんですね。
桜が咲いていましたねcherryblossom
先人たちの苦労をしのぶ顕彰碑は未来に受け継がれていくと思います。
マク様私も今の時代にサイクリングで走る若い青年が羨ましく思いますが・・・
本当は私が若かったら自転車で走り回りたい
妄想に駆られます。マク様次回の旅日記
何処からか楽しみにしております。
有り難うございました。happy01

投稿: ヤッコ | 2017年6月21日 (水) 17時17分

ヤッコ様こんばんは。
今回も私の気ままな旅行記最後までご覧いただきありがとうございました。
観光地より日常をに重点を置いていますので
あまり観光客もいなく静かに旅気分を味わうことができるとこを歩いています。
前回道東の旅に連れて行った孫に「一人で農家
民宿で仕事を手伝いながらバイクで北海道一周
をしなさい」と言って先日バイクの免許証を
とらせました。本人もやる気になっているので
私も期待しているのですが次はバイトでバイクを買うんだと張り切っています。
若いときにはそんな経験もいいですよね。

投稿: 富士のマク | 2017年6月21日 (水) 20時40分

こんにちは
季節的に寒い景色 それぞれに注目しました。
日本一周の自転車の青年 いやはや驚きました。
元気で貫徹を願うばかりです。
最後の富士山の写真に何かほっとします。

投稿: koちゃん | 2017年6月22日 (木) 10時26分

ko様こんばんは。
今回の旅行は青空に恵まれたのはわずかでした
それでも日常の風景とはまるで違う地域を
たっぷり楽しむ事が出来ました。
自転車で日本一周の旅の看板をつけた若者達
きっと何かをつかむことでしょう。

私もまた次回どこかへ何かを求め出かけようと
やる気の出た旅でした。
最期までご覧いただき有難うございました。

投稿: 富士のマク | 2017年6月22日 (木) 20時54分

芝さくらや桜を観ることが出来た様子
今が盛りなんですね
旅の醍醐味は見知らぬ地で見知らぬ人たちとの
出会いでしょうかね

今回はねいさんにお会いしなかったのかしら?

投稿: おばさん | 2017年6月23日 (金) 20時53分

マク様 お邪魔いたします。
芝桜の美しさに目を見張りました。
ちょうど見頃で良かったですね。
bicycleで日本1周!若さ故ですね~
マク様も飛び込みでairplanehotelを決めて若者とやることは同じですよhappy01
梅雨空ですが体調整えてお元気でお過ごしください。

投稿: nyar-nyar | 2017年6月23日 (金) 23時16分

おば様おはようございます。
自転車での一人旅何度も見た光景ですが若者の
行動力には感心させられます。
北海道にはこのような若者に「寝るところを提供して農作業を手伝ってもらう」そんな農家が
あちこちにあるようです。
それもこのような若者の助けになっているのでしょうね。それにして羨ましい行動力です。

先週から我が家にも九州からお客さんがあり
近隣の観光地を案内しました。その彼が山登り
を計画していたのでそれならとレンタカーを
借り与え自由に行動をできるようにして楽しんでもらいました。帰る前には我が家恒例の
「休暇村富士」へもお泊り頂富士山を展望浴場からじっくり楽しんでもらいました。
静岡空港への送り迎えも今度はカーナビ無しでも大丈夫のようですよ。

投稿: 富士のマク | 2017年6月24日 (土) 05時27分

nyar-nyar様おはようございます。
昨年は紋別で芝桜を見ましたはどちらも素晴らしいものでした。
残念だったのは今回は天気に恵まれなかったことでした。小雨と霧気温6度ちょっとつらかったです。
旅の醍醐味は仰る通り人との出会いもありますが大自然の動植物に出会えるのも北海道なら
ですよね。
そんなところを一人で自由気ままに行動できる
喜び何とも言えませんね。

今回はねいさんに電話も忘れせめて帰りに
空港で来たことだけでもお伝えしたかったのですがANAのカウンターへ行きチケットを
買おうと思ったら「今JALの飛行機が出ますよ」とのことでそちらへ駆け足JALの
カウンターですぐに荷物をとられ係りの人は
手荷物検査員に無線で一人追加の連絡この間
5分位で機上の人となりついにねいさんとは
お話もせずに残念・・・・
今度は秋にでもと思っています。

投稿: 富士のマク | 2017年6月24日 (土) 06時09分

おば様ごめんなさいね。
コメントがnyar-nyar様とごっちゃになってしまい謹んでお詫び申し上げます。

投稿: 富士のマク | 2017年6月24日 (土) 06時15分

nuar-nyar様ごめんなさいね。
コメントがおば様とごっちゃになってしまい
謹んでお詫び申し上げます。

投稿: 富士のマク | 2017年6月24日 (土) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148043/70923488

この記事へのトラックバック一覧です: 道北の旅ーその4:

« 6月ーその3 | トップページ | 6月―その4 »