« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

4月ーその3

我が家の庭の木々も新緑一色その葉を通り抜けた

ひかりが障子を染めて何とも美し今日この頃です。

富士山の雪解けも一段と速まるころでもあります。

X1p1000613 X1p1000638

↑16日         ↑19日雪解けも一段と

加速してきたようです。


X1p1000650 X1p1000671

↑20日この日は田子の浦港へ海産物を

求めに行ってきました。昼前というのに

シラス丼を食べに来た県外ナンバーの車も

数多く見受けられました。

私たちは県外の皆様に席を譲り海側にある

近年できた公園へはじめていってみました。

(右上)公園の各所にこのような案内板が

あります。この公園の一番高いところは

海抜19Mあることも知りました。


X1p1000668 X1p1000669

↑この上の港から撮った写真より随分

高いアングルからの撮影になりびっくり・・・・

(右上)公園の最高部からの公園の西方を

見ると最近完成したばかりのディアナ号を

模した建物・トイレ・遊具・休憩所・駐車場

遊歩道もある広びろとした公園です。

田子の浦港へ来た観光バスはこちらへ駐車

しているようです。


X1p1000657 X1p1000661

↑1854年(嘉永7年)ロシアから伊豆の

下田港へ国交を求めて来航したディアナ号

プチャーチン提督が乗っていた船です。

安政の地震の津波で船体が壊れ修理の為

戸田(へだ)今は沼津市の港に向かうが

強風や大波の為この海岸へ流され沈没寸前

それをこの地域の人々が決死の救助活動を

され500人もの乗組員を助けたと説明が

あります。右上にあるのはその船の錨とあります。


X1p1000663 X1p1000662

↑船内?櫃内にはこのようなものも展示

されています。



X1p1000653 X1p1000655

↑田子の浦と言えば百人一首で有名な

「たごのうらゆー・・・・・」の石碑以前は港の

一番奥まったところにありましたが現在は

この公園に移されています。



X1p1000656 X1p1000672

↑堤防を兼ねた公園からは伊豆半島も望めます。

公園内の小山からは富士山も・・・・

この公園に使われた土砂は富士山から

田子の浦港へ流れ着いた土砂が使われている

ようです。


我が家の庭では・・・・・



X1p1000619 X1p1000682

何年目かでやっとこんなきれいな桜が咲いて

くれました。


今回の作品も・・・・・


X1p1000684 X1p1000685

やっと完成互いに正面を向いているより

(右)は寄り添っているように並べてみました。

今回はここまでです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

4月鹿児島の旅その1

孫の春休みに合わせ「知覧平特攻和会館」の桜を

見に行きました。これまで何度か訪問した地ですが

一度として満開の桜のもとで訪問したことが無かった。

東京では既に花見の話題でにぎわっていたので

大いに期待して中3の孫との二人旅をした。

X1p1000357  X1p1000368

↑今回はこの航空会社の飛行機で・・・・

と言うのも空港へ行って飛行機をとる私の

旅行スタイルを孫が心配して母親に相談

したようで嫁が事前に搭乗券を手配して

くれたようです。

(右上)鹿児島空港にはこんな看板があり

砂で作られた像が展示されていた。

この日の鹿児島は流石南国暑い暑い・・・・

早速レンタカーを確保しエアコンは夏モードにし

島津家の別邸「仙巌園」へ向かう。

X1p1000400_2←「仙巌園」風格のある

表示板ががあります。

説明文は外国の方にもわかるように表示され

多くの外国の方々が庭内のあちこちでカメラを

構えたり大声で集団で歩く人々で賑わっています.


X1p1000380 X1p1000379


X1p1000383 X1p1000394


X1p1000398 X1p1000397

↑島津の殿様は猫も大事にされたのでしょう

ネコの神社もありました。

仙巌園は何度か行きますが広い屋敷だけに

行くたびに新しい発見もあります。

初めての孫には大変勉強になったようです。

この日は孫の喜ぶようなホテルがとれづ

私の会員になっているビジネスホテルへ泊まる。

夕食は鹿児島中央駅付近の孫が食べたいという

黒豚のしゃぶしゃぶや鹿児島特産の地物の

料理で盛り上がりました。


翌日はまづ西郷神社へ・・・・・


X1p1000404 ←西郷さんのお墓です。


墓地の前の広場には・・・・・


X1p1000402 X1p1000405 

「野太刀示現流」のぼり旗が立っています。

そこには幼い子供から高齢の男女まで

袴で素足に鉢巻をして台に横たえた丸木の束を

丸木の木刀で声高らかに気合を込めて

打ち付ける姿は鹿児島県人の心意気が

感じられました。あのご年配のご婦人の

気合は素晴らしかった。


X1p1000407 X1p1000408

↑このような石碑も目を引きました。

こうして境内を巡っている間に豆剣士を

載せた親御さんの車が次々ときて

「野太刀示現流」の稽古場も熱気を帯びて

いました。

その後知覧へ向かう。

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

4月ーその2

暖かくなりました木々の芽吹きも日増しに勢いを

増しています。

散歩をされている皆さんも何となく元気が出てきた

ように感じます。

さて今週の富士山は・・・・・

X1p1000565 X1p1000570

↑11日この朝は雪が降っているのが雲の間から

見られました。

(右上)12日山頂付近が前日の雪で白さが

増していました。


X1p1000588 X1p1000593

↑14日暖かくなり雪解けも早くなりました。

(右上)今日は天候の変化があるのか

朝から山頂に傘がかかっています。


私の散歩コースでは・・・・・

X1p1000561 X1p1000562

↑道路に沢山の「ハンノキ」の花?が落ちて

道路を汚しています。孫が幼い頃これが

虫のように見えるので怖がっていたことを

思い出します。その孫も今年中学生・・・・

(右上)野バラ?の花が今盛り・・・・


X1p1000590 X1p1000591

↑空き地に植えられた桜がけなげにも見事に

咲き誇っています。手入れをされない木々の

向こうに富士山も・・・・・・


X1p1000574 X1p1000579

↑国鳥の雉のオスです。先ごろNHKの

「ダーウィンが来た」でこの鳥を取り上げて

いました。私が見聞きしたオス雉の生態が

あまりにも真面目で家族に尽くしているオス雉を

見てオス雉の評価が変わりました。

(右上)マクのお世話になっている獣医さんの

駐車場でこんな花を撮影しましたが・・・・・


わが家では・・・・・



X1p1000602 X1p1000598

↑スミレが庭のあちこちに沢山咲いています。

(右上)タイツリソウ


X1p1000597 X1p1000596

↑「ナデンサクラ」と表示されていたのを

5年ほど前に買ったようです。

(右上)モミジも新芽が美しく出始めました。


X1p1000584←「ヤモリ」家守とも呼ばれ

悪さはせづに明かりに集まってきた害虫を

家の外で獲ってくれています。この子はわりに

大きな子でしたので我が家に長くいるのかも

しれません。


今回の作品も・・・・・


X1p1000604 X1p1000607

↑やっとここまで来ましたがもう少し手を

かけなければなりません。

(右上)今シーズン4組目に着手しました。

これを彫りあげたら五月人形をと思って

いますが北海道方面も気候が良くなりますから

さあどうなる事やら・・・・・・

今回はここまでです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

4月-その1

先週は鹿児島へ行きグログを休んでしまいました。

その間富士山も春の空気に包まれ雪解けや霞の

かかる日が多くなったようです。

今朝は昨夜からの雨が残り富士山は望めませが

春先の富士山の姿を撮ったのが少しありますので

ご覧ください。

X1p1000335 X1p1000338

↑3月も末ごろになると晴れたと思えば霞が

かかったり雲に覆われたりで・・・・


X1p1000341 X1p1000353

このようにはっきりしない富士山になって

しまいます。

X1p1000543 X1p1000336

↑4月5日       ↑お茶の新芽の出る

この時期は茶畑に霜感知用のアンテナが

立てられます。左側の電柱のボックス付近から

右に低い棒が立っているのが2本見えます。

そこにボックス付近から霜感知の線が伸びて

います。高さとしては地表に近く1m位

でしょうかその線が気温を感知すると向こうに

見えるファンが回り茶畑の空気を動かし

霜よけとなるようです。

良いお茶を作るにはいろいろなご苦労が

あるようですよ。


さて私の散歩道にも・・・・・・


X1p1000337 X1p1000539

↑アケビの花があちこちで咲き始めています。

(右上)花桃も満開になりましたが昨年と違って

工事用の仮設資材置き場になってしまいました。


下はマクの病院での順番待ちの時間つぶしの

風景です。

X1p1000346  X1p1000345

↑病院の駐車場からなんとしても逃げたくて

隣の神社へ私を引っ張っていきます。

そこにはこのように立派な楠があります。

直径が1,5mほどの木で地域で大切にされ

いる木のようです。昔なら彫刻用にこのような

木を買ったものですが・・・・


X1p1000349  X1p1000544

病院の広い駐車場にはこんな木や花も咲いて

いますが順番待ちのわんこ達が適当に散水を

しています。

左の写真の木が伸び放題挿し木でもしょうと

名前もわからない木ですが一枝頂いてきました。


さて今回も作品の完成にはいたりませんでした。


X1p1000558  X1p1000559

↑それでもあと一息というところまで来ています。

次回こそ完成させます・・・・・・?

今回はここまでです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2017年3月 | トップページ