12月ーその2

暖かな師走冬物の売り上げも今一との報道わかりますねー

当地も気温は高めで少し動くと汗が出る異常な師走です。

それでもやっと今朝は昨日から比べると寒いようですが

日中の気温は予報によると16度とのこと・・・・・

富士山に雪を呼び込んでもらいたいと感じているのは

私だけではないと思いますが・・・・・・

今週も富士山はこのような姿でした。

X1002  X1008

↑3日周りには雲があるのですが雪になりません。

(5日)雪よ来い来い・・・・

X1012  X1009

↑7日飛行機が雲の帯に向かっています。

この雲が右の写真の富士山にかかっている雲に

つながっています。

X1013 ← 8日今朝の富士山です。

変わった傘雲の形でしたが既にこの時間富士山は

雲の中です。この後東京のお客さんと田貫湖へ

行きますが富士山には私の顔を立てて是非姿を

見せてあげていただきたいのですが・・・・

X1004  X1007

↑毎朝6時半ころ老犬マクと散歩をするのですが

そのころ林の向こうがこのように赤くなり火事?と

思えるような真っ赤な風景になります。

(右上)我が家のケヤキも朝もやの中でやっと色づいて

来ました。

さて今回の作品は・・・・

X1014  やはり師走は作品も後回しに

して少しも進みません。やる気はありますのでまた

次回進んだところをご覧いただきたいと思います。

今回はここまでです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

12月ーその1

早くも師走、一年の速さを否が応でも感じさせられる。

まだ三十日あると考え予定通りに進めよう。

そのうちに月も年も変わっていくだろう。

さて富士山も今年はじっくり考えているようで急いて

冬を迎える気がなさそうだ。そんな風景を・・・・・

X1002  X1004

↑25日今まさに山頂に日があたりだしました。

(右上)その時間まだお月さまも高いところでお日様を

待っているようです。

X1013  X1033

↑27日小さな傘雲・・・(右上)28日この日も傘雲

山頂に雪を呼ぶか?

X1037  X1039

↑29日とりあえず雪を降らせてくれました。

(右上)30日雪が解るのも気温の高いせいか早い・・・

27日に修善寺へ紅葉を見に行った。今年は

例年に比べ色の付き具合が期待ほどではない。

台風の影響もあったのだろうか?

X1014  X1015

↑修禅寺の山門付近のもみじ。

(右上)独鈷の湯の回りの人の数も少なめだった

ような気がしたが・・・・

X1025_2  X1027  

↑この二枚は桂川沿いの遊歩道、ここは竹林に

囲われているせいか「もみじ」も先の台風で葉が

傷められなかったのか比較的きれいな色が付いて

カメラを構える人が多かった。


我が家では・・・・

X1032  X1031

↑老犬マクもコタツ好きになり布団をかけて

こんな姿で寝ています。いびきや寝言も・・・・

X1041  X1030

↑施設へ2体贈る子供の彫刻をうっかり1体の

写真を撮らずに届けてしまいました。

次回行ったときにその写真を撮ってUPさせて

いただきます。この写真は次回作の下拵えに

着手したものです。またUPさせていただきます。

(右上)修善寺に行く際三島から箱根に上る

道路沿いの松の冬支度の風景です。

このコモに寒さを避けるため害虫がもぐりこみ来春

剥がされ退治する昔からの駆除手段で冬の風景です。

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

11月ーその3

当地にもやっと季節に合った寒さと成りました。

朝のマクとの散歩も6時から少しずつ遅ら日の出に

合わせています。その朝日が林の中を通過して

朝食前のすき腹に染み渡ります。

富士山も十分といえませんが雪を着てそれらしい

雰囲気が出来上がりつつあります。

X1012  X1014

↑21日6時過ぎ山頂に朝日があたり始めました。

(右上)同日昼過ぎうっすらと宝永山付近まで

雪が来ています。


X1016  X1021

↑22日この雲が雪を連れて来るか?

(右上)23日早朝少し雪が来ていました

X1028  X1031

↑24日7時前にはだいぶ下まで雪が来ていて

9時ころには茶畑の向こうに静岡県らしい風景が

出来上がっていました。


静岡空港へ女房を迎えに・・・・・


X1005  X1006

↑お盆に行ったときには工事で混乱していた空港も

だいぶ整理され人の動きもスムースになりこれから

さらに利用者が増えることでしょう。右の写真は

現在静岡空港に乗り入れてる航空会社です。

X1004_2  X1007

↑FDA(フジドリームエアラインズ)の飛行機は

カラフルな色彩の機体で見ていても楽しくなります。

(右上)女房の帰りの機体はグリーンでした。


私の散歩コースでは・・・・

X1018  X1033

↑畑の中に見事に咲くバラいつもけなげに

次から次と10センチほどの花をつけています。

(右上)ご近所さんのお庭には今年も見事に

「ゆず」が実をつけています。先ほどご「自由に

とらせてもらうよ」「どうぞ」いつも何かをやりとり

している親しい間柄嬉ことです。


前回あるところへ贈らせていただく作品を・・・・

X1035  X1034

ピエロのほうは磨きなおしてこのような杉板で

作った箱に入れて届けます。もう一体は化粧を

し直しましたら贅肉が気になりもう少しスリムに

するよう今手をかけていますが今週仲には

二体お届けする予定です。

もう一体もスリムになったらUPさせていただきます。

今回はここまでです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

11月ーその2

今日も快晴富士山もすっきり寒いというほどの気温でもなく

こんな晩秋でいいのだろうか?


さて今週の富士山は・・・・・

X1001  X1003

↑12日富士山も寒いのか首にマフラー・・・・

(右上)その富士山も気温の上がった昼ころ

傘を・・・それを私は下から覗き込んで撮って失礼・・・

X1014  X1017

↑15日この日も快晴すばらしい天気ですが雪がねー。

(右上)この日福岡へ行く女房を静岡空港まで送る

この空港は正式には「富士山静岡空港」といいます。

その名の通り富士山が向こうに見えるでしょ。

X1021  X1032

↑17日6:30怒髪天をついているような雲、それが

(右上)同日昼ころにはトランプ大統領の髪形の

ようなスタイルに・・・・・トランプさんごめんなさい。


散歩コースでは・・・・・

X1023  X1026

↑きれいな「サザンカ」見事な花をつけています。

この前を通るとふと頭に「さざんかの宿」のうたが・・・

(右上)私が立っている横6mほどのところをオス雉が

歩いて道路を渡りサツマイモ畑で芋を掘って

食べ始めました。飼い雉みたいに人をあまり恐れなく

成っています。


さて今回の作品は・・・・・・・

X1033_2  X1036

うえ二枚は15年ほど前に彫ったものです。

あるがん患者さん達が集まる病院の施設へ

贈らせていただくものです。多少年月を経ていますので

現在一皮?向いてこれから化粧するところです。

X1037  X1038

↑の作品も同時に贈らせて頂く作品です。

前回小坊主の「心静かに」とふくろう贈らせて頂き

前回同様関係者様初め患者様に喜んでいただけたら

幸せです。

今回はここまでです。


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

11月ーその1

3週間ほど富士山の写真をUPしない間に富士山も

秋の深まりを感じさせています。

X1003  X1010

↑10月21日私の留守の間にこのようにきれいな姿に

変身していました。(右上)24日既にこんなに雪解けが

進んでしまいました。

X1030  X1034

↑28日青空に雪景色は良く映えますね。

(右上)山肌も紅葉が始まり赤みが増してきました。

X1043  X1058

↑11月に入り気温が高いのか富士山に雪が来ません。

(右上)10日昨夜の雨が山頂に雪を降らせたのか?

白さが際立っていました。富士山には雪が私には

愛が必要ですね(笑)


私の散歩コースでは・・・・・

X1042  X1053

↑サツマイモの収穫がすんだ畑に早雉のメスが

芋ほりに来ています。(右上)ヒノキの間から朝日が

昇り始めました。この時間マクと散歩をしています。


滞っていた作品を一気に仕上げました。

X1015  X1060

↑ヒノキの構造材の切れ端で彫ったふくろうを

上下を切り離し右の写真のようにして台に据えて

見ました。台も四角い木を丸太のように加工をして

枝もつけてみました。

X1023  X1061

↑完成間際でほっといたのですが右側の

写真のように完成させました。完成途中で

旅行などをしていると気合が抜けていけません

反省しています。

今回はここまでです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

H30年道東の旅

二日目の宿はウトロへとり翌日屈斜路湖を目指す。

この日は天候に恵まれ暖かく一人でのドライブは

もったいないほどだ。この朝NHKで取り上げた

屈斜路湖の近くの「神の子池」へ立ち寄ることにした。

X1107  X1108

↑この池に行くにはメインの道路から2kほどの

でこぼこ道で未舗装の穴ぼこ道だ。

X1110  X1109

↑周囲220mの小さな池だがなぜこんなところに?

大変神秘的な池であることは確かだ。

X1115  X1132

↑ところが池の木道脇にこんな看板私が

到着したときには娘さんが一人池にカメラを

向けている・・・・ヒグマの不安無いのか?

(右上)長居をするところではなさそうなので

メインの道路へ出て屈斜路湖を目指す。

X1121  X1126

畑の脇の道に動くもの「キタキツネ」だ。

車を止めると急いでよってきた・・・が餌はやれない

そのことを伝えて写真だけ取らせてもらった。

今夜の宿は川湯温泉にとった。


X1134_2  X1136

↑「屈斜路湖」砂を掘って足湯をしている人もいた。

(右上)屈斜路湖を後に峠越え途中からの風景。

X1137  X1138

↑峠にはこんな碑も・・・ひばりさんの唄のようだが・・・


X1147  X1139

↑湖が大きすぎてとても一枚の写真には納まらない。

この夜は北見のお姉さんを(といってもご主人も

ご一緒に)食事にお誘いして盛り上がろう。

X1151  X1166

↑翌日は「十勝温泉」へ向かう途中広大な

菜の花畑、土に鋤きこまれ肥料になるとのこと。

(右上)先ごろの台風で大きな木は葉がこすれ

色が無く残念でだが紅葉は見事でした・


X1167  X1179

↑こんなにきれいな季節明日も楽しみだ。

この日取れたホテルは全時代的?なホテル

レストランの雰囲気、食事内容、客室の仕切り壁

遮音になもなっておらづ隣室の会話がすべて

筒抜け(隣のお客さんはしらないはずだ)職業柄

こんな大きなホテルがこの程度?驚いた。

その日は札幌の定山渓へ行と思ったが・・・・

寝不足には一寸辛い距離予定変更

X1184  ←その足で帯広空港へ

不幸にも途中「キタキツネ」の事故を目にする。

夏の暑さも生き抜き冬毛も生えそろい冬の準備も

整っていたのだろう、巣には家族もいるだろう。

自分もレンタカーで走るまわる身人ごとでは無い

キタキツネの成仏を願い北海道を後にした。

お粗末な6日間の道中記ごらん頂有難うございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

H30年秋道東の旅

今年も例年通り秋の北海道へ行く。

空港では予定していた中標津空港が難なく取れた。

乗客数が飛行機に満たないようで機体の変更後

空の旅となった。地震の影響で観光客の減少は

かなりの数に上っているのだろう。

X1001  X1029

↑10日朝の5時過ぎマクと散歩をしながら眺めた

富士山です。この後新富士駅から羽田へ向かう。

昼ころの飛行機に乗り二時前には

すでに北海道・・・・・

(右上)何度走っても気持ちがいいのがこの北海の

直線道路、油断して飛ばしていると「ネズミ捕り」にも

会いますのでご注意を・・・・



X1027  X1038

↑今回はあちこちで大規模なそば畑が目立った。

(右上)標津町では鮭と丹頂鶴に出会う。

X1043  X1044

↑標津町の街路樹にこんな木を見つけた。

実がついているのでUPして見ると5c弱の椿の

実に似た固い実だ。我が家へ持ち帰り観察して

いると溝の部分から割れはじめ中にさらに薄い膜で

種が包まれているのが見える。何の木だろうか?

*(ヤッコ様からUPした当日トチノキと判明

有難うございました)

X1046  X1047

↑羅臼にある「知床旅情」の森繁さんがはるか

国後を見つめている像が建てられている。

今まで何度もこの地へ来てもうっかり手前で

知床峠へ上って行き今度こそと・・・・・・

X1050_2  X1056_3

↑「知床旅情」の歌詞や由来の碑も建てられて

います。天気がよければすぐ目の前に国後島が

見える羅臼町です。

X1067  X1077

↑「知床峠」を経て  ↑知床五湖到着時間が

遅かった。団体の観光客も少なく静かに木道を

(約900m弱と記憶しているが)歩くことができた。

残念ながらエゾシカやヒグマは見ることが

できなかった。

X1072  X1082

↑これが木道、地上から3mくらい高いところに

設置されヒグマなどが上ってこないよう電線が

張り巡らされ安全にも配慮されている。

X1079  X1078

↑このよう看板があちこちにあり木道からの

眺めも良く季節ごとに違った風景を楽しめる

のも魅力です。

X1089  X1071_2

↑夕方ということもありエゾシカの家族らしい

一団が車を気にするでもなくえさを食んでいた。

次回に続きをUP・・・・
 


| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

10月ーその2

本格的な秋の行楽シーズンに入り各地の情報が

「さー出掛けましょう」と盛んにあおっています。


富士山の紅葉が進んでいる風景をTVは今朝も

伝えていました。

X1001  X1003

↑7日青空をバックに秋の富士山・・・・・

(右上)9日日の出を待つ富士山。

X1009  X1015_2

↑16日私の留守の間に富士山には雪が

来ていました。(右上)16日

X1019  X1021_3

↑19日 丁寧に二重のかさ雲、でも雨は無かった。

(右上)今朝も興奮気味の雲がかかっています。

予報では上空に寒気が入っているとか・・・・

ことによると富士山に雪がくるかな?


私の散歩コースでも・・・・・

X1006_2  X1007

↑アケビが大きく膨らみ、もう口をあけたものも

見受けられます。はじけた実も落ちていました。

X1011  X1014

↑我が家の甘柿8年前に植えたのだろうか?

今年初めて実をつけてくれました。

栗の木の下で日光不足か?数がまだ少ない

栗の木の枝を植木屋さんに払ってもらい

日光の通りを 良くしたのだが栗の生長の

早さには驚くものがあります。

このまま日陰の柿で置くのも一寸かわいそう

そんなことを考えるのも秋だからでしょうか・・・・・

今回は北海道旅行をしていたのでネタ不足・・・

木彫の作品も手つかず ・・・・

今回はここまでです・
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

10月ーその1

今週は台風や北海道の余震の不安におびえながら

秋を向かえてしまいました。

本来なら観光シーズンで紅葉や秋の味覚で盛り上がる頃

各地の観光にも大きな打撃ではないでしょうか?

富士山は夏の観光シーズンが終わりいつもの静かさを

取り戻しているようです。

X1001  X1007

↑10月1日きれいな秋の空

(左上)2日、「富士山」の唄の通り頭を雲の上に出し・・・・

X1010  X1016

↑3日        ↑5日この日は雲を頭に

かぶっています。この日夕方の散歩の後雨がきました。


我が家では・・・・・

X1012  X1017

↑秋の味覚が各地からたくさん届きそれぞれの

地方の秋を楽しませていただいています。

(右上)クレマチスが咲いています。

X1018 ←昆虫たちは冬に備え

子孫を残すために蜜集め体力維持に余年が

ありません。



さて今回の作品は・・・・・

X1015 X1020

↑以前建築用材で彫ったふくろうを上下を

切り離し(左の写真)(右の写真)のように台へ据える

準備をしたところです。上下に分割をしたので

頭部や足元さらに台にこれから手をかけますが

どんなに仕上がりますか・・・・・


X1024 X1019  

↑前回の写真    ↑台に据えて完成しました。

もうひとつの小坊主はもう少し手をかけると

完成となります。

今回はここまでです。


| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

9月ーその5

またまた強い台風(24号)が接近中・・・・

最近は予報士さんまで「命を守る行動を・・・」と伝える

ような大型台風が増えたことなのだろう。

十分備えをする習慣も大切なことのでしょうね。

今週の富士山は・・・・・


X1005 X1010

↑25日         ↑26日

X1015 X1018

↑28日6:30前夜の月が残業のようでまだこの時間

西の空に顔を出していました。

(左上)同日は秋本番の青空前日の富士山に降った雪も

消えていました。


私の散歩コースでは・・・・・


X1001_2 X1019_2

↑「かりん」がたわわに実ってt打も垂れ下がって

いました。そのまま落下している実もたくさんあり

たぶん収穫はされないことでしょう。

(右上)柿木にまきついたアケビが仲良く一緒に

実をつけています。


X1012 X1013 

↑気の早いアケビはもう口を開け落下しているのも

見受けられます。(右上)このアケビもまもなく口を

あけることでしょう。


我が家では・・・・


X1007 X1008

↑銀木犀       ↑金木犀がいっせいに

良いにおいを放っています。

銀木犀はこの時期がすんでも1年中花の数は

少なくなりますが花をつける不思議な木です。


さて今回の作品も・・・・・・


X1023_2   X1024

↑小坊主はさらに細かな部分を削り形を

整えてからお化粧をします。

(右上)ふくろうは台をつけた後化粧をして

完成となります。また次回UPさせていただきます。


今回いはここまでです。


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

«9月ーその4