12月ーその2

私の好きな北海道では各地で記録的な低温とか・・・

私の訪れた地域でもマイナス20数度とか先ほども

札幌の知人と電話の際に日差しはあるが何も暖かくなく

雪も解けないとの話それでも室内はストーブをたいて

25度とのこと「こちらは何もしなくても室内で17度は

あるよ」と言って互いに驚いて電話を置きました。

さて今週は富士山も雪の降るような姿を見せたが

目だった積雪はありませんでした。

X1003 X1005

うえの二枚は3日の朝津夕方の写真です。

朝のうちに出ていた傘雲も夕方には消えて

ごらんのようにやや薄い紅富士です。


X1010 X1017

↑4日         ↑5日


X1019 X1020

↑6日         ↑7日晴天の夕方は

ほぼこの時期このように紅色に染まります。



X1022 X1025

↑8日多少傘雲がかかりましたが・・・・

(右上)9日前夜の雨が言い訳のように雪を

置いていったようです。各地の低温や積雪も

富士山も承知していると思うのですが・・・・



私の散歩コースでは・・・・・


X1026 X1030

↑キューイ畑には今年もこのようにたくさんの

実が着いたままにされています。

鳥が食べにきているところも見ませんので

鳥にまで敬遠されているのでしょうかねー

(右上)クヌギや水ならの木には未だこんなに

葉がついています。未だ木枯らし一番が

当地には来ないからなのでしょうかねー。


さて今回の作品は・・・・



X1032 X1033

来年の干支にあわせて子犬がボールと

遊んでいる姿を彫っています。

ボールをしっかり加えさせるようもう少し

ボールを削らないといけないようです。

 

今回はここまでです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

12月ーその1

早くも師走そんな中昨日は富士市で化学工場の

大火災があり一人の犠牲者と十数名のけが人が

救急車やドクターヘリで搬送され報道各社のへり

なども飛び回り大変にぎやかな一日でした。

さて今週の富士山は・・・・

X1001 X1010

↑26日        ↑27日


X1014 X1018

↑28日        ↑29日今週は富士山の

雪も変化無くそろそろ今夜あたり一雨来てーと

期待しているところですが・・・・・



私の散歩コースでは・・・・

X1002 X1016

↑茶畑の脇にこんなきれいな山茶花が咲いて

います。1本の木に赤、白、ピンクなど

また一輪に何色か混ざったものなどまこに

きれいな花をつけています。

(右上)新東名高速道路の側道に夜間

道路を横切っていたのでしょう車にはねられて

ごらんの状態悪さをする「ハクビシン」でも

このようになるとちょっとかわいそうですね。


先日修善寺に紅葉狩りに行く途中・・・・



X1025 X1027

「伊豆縦貫道」の大仁付近に道の駅が出来

初めて立ち寄りました。大変きれいでおしゃれな

建物で富士山もごらんのように見える場所です。

伊豆方面へお出かけの際には是非立ち寄られ

伊豆の特産品などを求めるにもつごうがよい

ところです。私は建物の設備や機能の

すべてを見たくて張り切りすぎ階段のスロープで

太ももの肉ががプッツンと音がするほどの失敗・・・

そろそろ歳を考えないといけないのでしょうね。

この日の目的地修善寺公園・・・・



X1028 X1036


X1037 X1044

↑足の痛さに耐えながら入り口付近だけ撮影。

外国の方もこられ大変にぎわっていました。

高いところから撮影したらさぞきれいだったと

後悔しきり・・・・・


さて先ごろからの小坊主さんがやっと完成。



X1073 X1074


X1076 X1051_2

体形を変え今回はすべて顔を上へ向けて

彫ってみました。そのためカメラのフラッシュが

反射をしてどれもこれも・・顔がねーお粗末でした。

 


(右上)昨日の工場火災この映像はごく初期の

映像です。わが社から直線で1,5キロくらいの

場所です。私が会社へ行くと「今地震がありました」

 

それくらい大きな爆発だったようです。

今年も残り少なくなりましたどうか皆様も事故や

災害には十分ご注意を・・・・

今回はここまでです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

11月ーその4

晩秋の富士山が日々美しくなっています。

今日のように快晴で風の無い日は特に美しく

感じられ東海道新幹線の新富士駅で特急の

通過の待ち時間にはホームへ降りてカメラを

構える方を多く見かけられます。

今日の新富士駅ではそんな光景がくりひろげ

られていることでしょう。

X1003 X1007

↑21日        ↑24日 いよいよ初冬の

富士山らしくなってきました。この日は山頂付近も

風があり東の方角に雪が飛ばされているのが

よく見えます。


X1012 ←25日 今日は風も無く

穏やかな姿を見せてくれています。


我が家の庭には・・・・


X1013 X1016

↑千両(黄色)    ↑千両(赤)


X1019 X1020

↑万両         ↑たちばな(百両)

これらの中でよそから来たのは「たちばな」だけで

後はすべて野鳥からのプレゼントです。


今回彫刻があまり進展していませんので

UPはお休みとさせていただきました。

今回はここまでです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

11月ーその3

各地で雪の便りもう冬ですねー・・・

富士山も徐々に白くなってきましたよ。


X1p1020148 X1p1020153

↑14日傘雲がまとまり始め雪の予感が・・・・

(右上)15日案の定雪が来ましたがちょっと

雪の量がすくなかった・・・・・



X1p1020155 X1p1020185

↑16日快晴になると雪解けそして・・・・

(右上)17日また雲が・・・・・


X1053 X1p1020198

↑18日雲が厚くなってきた。

(右上)19日翌朝には雪が・・・・このようにして

見事な雪の衣装になっていくのです。



X1p1020199 ←20日今朝の冷え込みは

当地でもこの時期の最低を記録・・・・・寒いーー


先日隣町での「ロウヤカキ」の展示会へ行ってきた。



X1p1020158 X1p1020166

実の色や形、実の大小食べたくなるような

物もあり40~50鉢ほどが展示されていた。



X1p1020159 X1p1020162


X1p1020172 X1p1020174

このほか黒い実の柿やみかんの木のような

姿の柿、葉が青々として実がなっているものや

葉に斑入りのものなどもあり大いに楽しませて

もらった。希望者には柿の実や育て方の

アドバイスもしていた。中には4年で実をつけた

柿も展示されていたので「我が家の柿は6年生


ですがまだ実をつけませんが・・・」との問いに

「来年に期待しましょう」と慰められました。


さて先日女房の九州旅行で知人女性が

私にとこんな珍しいものを・・・・



X1p1020188 X1p1020191

↑般若心経のタオルです。

すべてイラストで描かれていてそれにかなが

振られた大変わかりやすいものです。

使わずに大切にしておきます。



今回の作品も・・・・


X1052 X1p1020152

↑いつものようにはかどっていません。

 

どれもこれも製作途中です。また進んだらUP

させていただきます。

(右上)我が家の老犬(白芝犬13歳と11ヶ月)

1月からの点滴のおかげで元気になったのですが

食欲が今一、今朝も点滴に行ってきました。

今回はここまでです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

11月ーその2

富士山の雪も降っては消え降っては消えの繰り返し

そのうち本気に降り出すのを心待ちにしているのは

地元の皆さんどなたも同じ気持ちのようです。

X1001 X1002

↑8日期待した雪でしたが・・・・

(右上)9日うっすらとした雪化粧でした。


X1008 X1009

↑10日        ↑11日  


X1011 X1015_2

↑まだ柿はこんなに身をつけ野鳥の来るのを

待っています。

(右上)13日根雪になるにはまだ時間が

かかりそうですね。


散歩コースでは・・・・・


X1004 X1016

↑ビニールでできているのでしょうか?

80センチほどの猛禽類の形をしたのが

いくつか風で踊っています。

その効果か柿の実も畑の野菜にも野鳥は

きていませんがいつまで野鳥がだまされるとは

思えませんが・・・・・


X1013 X1014

↑空き地にきれいなバラが咲いていますが

誰も切らずに咲いては枯れ咲いて枯れを

繰り返しています。


さて今回の作品は大きな楠を作品ごとに

刻んでいくと長さが20センチほどの材が残って

しまいます。

X1018 X1019

↑そのような材で時々まとめて小坊主さんを

彫っています。今回は取り合えづこの4体

正面とちょっと斜めからの写真です。

もちろん製作途中です。

また次回UPさせていただきます。

今回はここまでです。

相変わらずPCの調子はよくありません。

今事務機やが駆けつける途中とTELが

入りました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

11月ーその1

先ごろ入れたPCが大変反抗的な態度で手を焼いて

いました。(車ならリコールでは・・・?)

メーカーが調べた結果部費品に異常があるとのことで

部品交換に来ました。その後事務機やが修理以前の

状態にしてくれましたが・・・・・

さてそれを信じて今月初のブログを・・・・・


X1011 X1012

上二枚は2日の朝と夕方の風景です。

富士山の夕方になると山肌の紅葉が一段と

はっきりしてきました。



X1016 X1041

↑3日美しい姿ですねー。↑6日後は雪を

待つのみ、どーんと来てほしいですねー。


さて先日東名高速道路「富士川楽座」へ

観覧車に乗りにいってきました。



X1029 X1018

↑この日は「文化の日」しかも快晴で富士山も

きれいな姿を見せ多くの観光客もいて大変

にぎわっていました。

(右上)ゆるキャラの「富士姫ちゃん」も

引っ張りだこでしかも快晴さぞ暑かったのでしょう

日陰へ逃げ込んだり引っ張り出されたりさぞ

大変だったことでしょう。



X1020 X1027

↑観覧車から富士山を望む・・・・

(右上)東南方向を見ると駿河湾の向こうに

伊豆半島も・・・・・

私は足元も透けて見えるタイプのゴンドラへ

乗りましたが6人乗りのスペースは余裕もあり

一人で乗るには贅沢すぎる空間でした。



我が家の庭も・・・・・



X1002 X1035

↑「ろうや柿」もだいぶ色づきました。

(右上)「大文字草」も咲きそろいました。



X1038 X1005_2

↑「宮様かえで 」   ↑「たちばな」

このほか何種類かの鉢植えがよい色に

なってきました。



今回のふくろうたちもすべて完成しました。

X1004_2 ペアのふくろうは

大きいほうが12センチ材質は台も同じ

くすのきです。

さて次回は何を彫ろうか・・・・・

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

10月ーその3

先週に引き続き又今週も台風・・・22号

当地も徐々に雨脚が強まってくるようです。

今月は第2週目に留守をしていた間に富士山も

だいぶ秋の山肌に変わっています。

先日26日には当地からも冠雪を見ることが

出来ました。

X1005 X1026

↑18日        ↑23日富士山の山肌も

秋色に染まって柿の木といい感じです。


X1029 X1031

↑24日そろそろ初雪を期待したい雰囲気です。

(右上)26日待望の初雪(静岡県側での)を

見ることが出来ました。

(甲府地方気象台では23日に初冠雪を発表)


X1002 X1003

↑27日昨日の雪もすでに夕方にはこんなにも

消えてしまいました。

(右上)28日雲の間からは雪の降っている

様子が伺えました。この台風の雨に期待

したいですねー。


私の散歩コースでは・・・・・・


X1001 X1022_2

↑空き地に大きな冬瓜が・・・・・

(右上)あちこちでこのようにたわわに実った

柿が熟れてぼとぼとと落ちています。

年毎に収穫しない木が目立っています。


我家では・・・・・・


X1003_2 X1020

↑京都の女流川柳名人から丹波の名産が・・・・

(右上)台風一過の庭にはたぬきの夫婦が

台風見舞いに来てくれました。


X1027←24日早朝我家の

庭から見事な朝焼け・・・・・


さて長々捗らなかったふくろうもやっっと・・・・


X1008 X1005_3

↑総高28センチのふくろうのペア・・・・

(右上)総高19センチほどのふくろうともに完成

同じものを同時に7体も彫ると息抜きがほしくなり

時間ばかりかかってしまいました。

さて次は何を彫ろうか・・・・今回はここまでです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

道東の旅その3

前回訪問した能取湖の「さんご草」の紅葉を見ようと

今回立ち寄った。


X1131 X1139


X1132 X1136

↑看板のような紅葉を期待していたのですが

まだ季節が早すぎたようです。

またいずれ訪問を・・・・・・



X1141 X1144

↑NHKbsの「こころ旅」で火野正平さんが

訪れた「サロマ湖」オホーツク海に接続した湖

正平さんがへっぴり腰でわたったあの橋まで

行きたかったのですが9月いっぱいで通行止め

残念でした。そこにいた工事関係者が「おれも

カメラへ移ったんだよ」と自慢げに話をしてくれました。


さてそれではとサロマ湖をあとに今夜の宿北見へ・・


X1150 X1153

↑始めて北見を訪ねた際北見の「ねえさん」に


教えていただいた駅「なんて読むのだろうか?」

始めて目にした字でした。

(右上)うえの「るべしべ駅」をあとに今夜の宿へ

向かう途中畑にこのような塊が・・・・

これらは花豆の収穫後乾燥させるため雨避けの

シートをかけてあるとのことでした。



X1184 X1185

↑宿の近くに道の駅。さすが北海道広い敷地に

「山の水族館」や「時計台」木工製品をそろえた

 

土産店、近くには「きつね牧場」等々の施設が・・


X1158 X1166

↑時計台こちらは時間になると人形の音楽隊

が丸太状の壁の中から出て演奏をしたり

其の頭上に大きな鳥が出て5分ほどのショーを

 

見せてくれます。


X1186 X1187

↑道の駅のメインの建物、案内やトイレも

きれいに管理されています。また北見といえば

カーリングの本場選手のサイン入りのストーンが

展示されています。



X1191 X1205

↑前夜は北見の熟女お二人とご会食・・・・・

一夜明けこの旅行中一番の良い天気です。

北見の朝の気温は2度とのことでした。

(右上)大型トラックのボディーが曲がるほど

たまねぎが積まれ走行中に乾燥した表面の

薄皮が飛び散りさすがたまねぎ産地このような

トラックを何台も見かけました。



X1207 X1208


↑1週間の予定を1日早く切り上げ帰りは

「女満別空港」へ・・
というのも旅行中修学旅行や

外国の団体さんをあちこちで見かけことによると

 


私のようなとびこみが飛行機が取れるか不安になり

一日早く切り上げた。案の定席はANA、IALも満席

再度ANAのカウンターへ「この便はADOとの

共同便ADOに空席は?」ありました1席ラッキー

口は利いて見るものだ。おかげで(左上)の機に

無事機乗できましたいつもの慌しい一人旅でした。

ご覧頂有難う御座いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

10月ーその2富士山に初雪

昨日の雨で富士山に初雪が・・・・

初冠雪の際は山梨県側の甲府観測所を発表

しましたが静岡県側の富士市からは見ることが

出来ませんでした。

今朝(26日)ははっきりと見ることが出来ました。


X1031 X1032

いよいよ富士山も冬の準備にはいったのか?

でも今朝の散歩時間にはだいぶ気温も上がって

きていますので根雪になるかは????


富士山の白さと中腹の紅葉がこの時期の最高の

姿ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

道東の旅ーその2

すっきりしない空模様の中を知床へ向かう。

X1028 X1070

↑今回は羅臼側から知床峠へ向かう。

(右上)このような看板で知床での心構えが

書かれていますがまだまだ色々なものが捨てられて 


X1039_2いるようです。これらの缶

にはヒグマの歯形があり人間の飲み物の味を

覚えさせてしまう困った行為のひとつです。



X1041 X1042

↑羅臼ビジターセンター内には知床の動物達の

剥製が沢山展示されています。

 

その中にこのようなものが・・・・

(右上)人家に入り込んだヒグマ・・・・


X1048 X1054

↑知床峠は濃霧で前方は一切見えません

それでもウトロへは下らないと今夜のホテルが

取れません。途中知床五個方面へ向かい

(右上)木道をぞろぞろ歩くかの国の方たちを

 

避けながらこの展望台へ・・・・

さて翌日は・・・・・



X1076 X1075

↑オシンコシンの滝を眺めてから斜里町方面へ

行き摩周湖を目指す。

途中広大な花畑それがひまわり畑とわかりさらに

びっくり・・・・



X1082 X1081

↑こちらも見事な花畑このはなは「からし菜」と

北見のおねえさんに教わりました。

これらの花はこのまま耕されて畑の肥やしに

なるとのことでした。

「摩周湖」へ向かう道路は・・・・・


X1086 X1111

↑道の両側は見事な紅葉・・・・・


X1088 X1104

↑「きたきつね」の出迎えを受けしばらく

写真撮影。

(右上)「摩周湖」までの上り坂の途中から

遠方に「硫黄山」殻立ち上る水蒸気が見える。



X1093 X1097

↑「摩周湖」布施明の歌は聞こえませんでしたが

かの国の団体さんがにぎやかな声が静かな

湖に響いていました。



X1113 X1112

↑このような水蒸気があちこちで昇るただ

それだけのところです。



X1084 X1123

↑二枚は屈斜路湖今夜はここのPホテル

翌朝は深い霧との天気予報それを覚悟で

 

網走方面へ向かう予定です。

今回はここまでです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

«H29年10月道東の旅その1